ごあいさつ

代表取締役 伊藤敦

『自然エネルギー普及』の志を胸に

『自然エネルギーを普及させ、永続できる社会の構築に貢献する』
この志を胸に、私たちネクストエナジー・アンド・リソースは歩み続けています。

当社は、創業当初から「自然エネルギーの普及」だけを事業軸として、太陽光発電のフィールドで常に新しい取り組みに挑戦し続けています。現在は、太陽光発電システムの部材販売、独自開発の架台・太陽電池モジュールを活用したEPC事業、発電収益を最大化するためのソリューションを提供するO&Mサービス、オフグリッド(独立蓄電型)事業、太陽電池モジュールのリユース事業、そして100%自然エネルギー由来の電気を提供する電力小売事業等、幅広い分野において、当社独自の技術と経験と実績に基づいた、プロフェッショナルなサービスを提供しています。

今、私たちは「化石燃料」から「再生可能エネルギー」へとエネルギー転換が始まる分岐点となる時代に生きています。世界ではパリ協定をはじめ地球温暖化防止に向けた具体的な取り組みが加速しています。また、このような世界の動きを背景に、日本政府も再生可能エネルギーの普及に向けて大きく舵を切っており、再生可能エネルギーの市場は、今後も形を変えながら急速に拡大していくと考えております。
弊社がこれまで積上げてきた、ノウハウ・技術は、これから新設される太陽光発電設備だけではなく、既に運転を開始している太陽光発電設備に対する価値向上(発電量の最大化)への取り組みや、セカンダリー市場(既に運転が開始されている太陽光発電設備の売買)といった、今後確実に創られていく次なる巨大市場へ挑戦するための強固な基盤となり、自然エネルギーの普及を実現させる原動力となると確信しております。

当社の経営理念の一つに『義の中の利』という原則があります。
『義』とは道義、意義、人の道を指し、『利』は利益、損得を指します。私たちの『義』は自然エネルギーの普及であり、永続可能な社会の実現です。私たちの『利』は、その事業の中から生み出される利益であり、自然エネルギー事業の意義、私たちの存在意義が、社会に認められたとき、自ずと生まれる結果です。
つまり『義の中の利』なのです。
片や、先に利益を求め、その中の一部を社会に還元するのは、いわば『利の中の義』。私は、この二つは全く異なると考えます。なぜなら、多くの企業、多くの経営者が、利益の拡大だけを追い求めた結果として、社会に大きな弊害を起こしているのが現状だからです。

もし多くの企業が、『利』の大きさを競うのではなく、『義』の大きさを競うようになったら、社会は大きく変わっていきます。『先義後利(せんぎこうり)』。当社は、まず『義』を全うし、その中で『利』を得ながら、会社を成長させ、その事業活動を通じて、社会を良い方向へ変えていけると考えています。

私たちネクストエナジーは『自然エネルギーの普及』につながる仕事以外は行いません。その仕事の中で適正な利益を出していきます。それが私達の目指す『義の中の利』であり、それを実現させながら、企業の本来の使命である『社会の進化・向上』のために、私たちは、いかなる困難をも乗り越え、志を貫き、邁進していく所存です。より一層のご支援、ご指導をお願い申し上げます。

  • 会社概要
  • ごあいさつ
  • ビジョン
  • 主要取引先