独自開発の全く新しい架台「武蔵」の販売を開始

2014年10月28日

・『二刀流システム』(特許出願中)で縦桟横桟の組み替えを可能に
・施工自在性と低コストを実現

自然エネルギー関連の事業を展開するネクストエナジー・アンド・リソース株式会社(本社:長野県駒ヶ根市、代表取締役:伊藤 敦、以下 当社)は、自社開発した地上設置用太陽電池モジュール取付架台「武蔵」の販売を開始いたしました。

「武蔵」は、これまでの100MWを超える太陽光発電所の施工経験によって蓄積した施工現場のニーズを基に、品質と施工性を極限まで追求して独自開発した新型架台であり、当社技術の粋を集め、試験を繰り返して完成した地上設置に最適な架台です。

「武蔵」の最も大きな特徴は、『二刀流システム』(特許出願番号:PCT/JP2014/51324)です。独自のコンポーネント採用により、架台支柱の向きを90度変えて使用することで、モジュールの「横置き」「縦置き」いずれの設計にも対応可能で、取り付け作業を素早く効率的に行うことができる、当社唯一のシステムです。

また、架台支柱は地質や傾斜など様々な条件により、高さ(打ち止まり)、ねじれ(水平方向の回転)、倒れ(東西南北への傾き)といった施工誤差が生じます。「武蔵」は、架台支柱およびコネクタ部に複数の調整機構を装備。施工誤差を吸収し柔軟な施工が可能で、作業の手戻りによるロスを低減、施工速度が向上し工期短縮を実現することができます。

尚、大規模太陽光発電所の普及で国内では平坦な用地が少なくなり、ゴルフ場や山間部といった斜面への設置が多くなっており、この傾向は今後ますます顕著となり、傾斜地設置時の施工性が大きな課題となります。これを解決したのも「武蔵」の大きな特徴の一つであり、コネクタ部のピン構造を利用し、東西方向に傾斜があっても南向き設置が可能です。

「武蔵」の製造は、ISOに基づく工場監査を行い、一定の基準をクリアしたサプライヤーを厳選して委託。当社は開発・設計・品質管理に特化することで、価格と品質を両立した製品をお届けすることが可能であり、その証として10年間の部材保証を付帯、その他にもお客様の不安を解消するため、現場見学など様々なサービス体制を用意しております。

当社は、『自然エネルギーを普及させ、永続できる社会の構築に貢献する』という志を胸に活動しております。これからもお客様の求める製品・サービスの提供、お客様にとって最適な提案を行うことができるよう努め、自然エネルギー普及につながる事業に取り組んでまいります。

本件についてのお問い合わせ先

ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社 インフォメーションセンター
TEL: 0120-338647  ※営業時間10:00~17:00(土・日・祝日除く)
メール:「お問い合わせページ」のメールフォームより送信ください

一覧に戻る