独自開発『ネクストパイラー』

独自開発『ネクストパイラー』

ネクストエナジーが独自に開発した杭打ち専用アタッチメント

メガソーラーなどの大規模産業用太陽光発電施設では、地上設置が一般的です。地上設置の際の基礎工法として、杭を地盤に直接打込んで支持力を得る杭基礎工法があげられます。
ネクストエナジーでは、杭基礎工法のメリットを最大限に活かすため、杭打ち専用アタッチメント『ネクストパイラー』(工法特許申請中:特願2012-042021)を開発。バックホウに装着するだけで、施工性・施工速度を飛躍的に向上させます。これまでの常識を覆す、メガソーラー時代の基礎工法と言えます。

※掲載の物とは細部で形状が異なる場合がありますが、機能は同一です。

動画で紹介「ネクストパイラー」

汎用性

汎用性

全国どこでも調達可能な一般的バックホウに装着して使用しますから、現場の状況に応じて、複数のネクストパイラーを投入することも容易です。複数工区で並行作業を行う場合など、他の杭打ち装置に比べて制約の無い施工計画が可能です。もちろん、複数台で集中的に施工することで工期の短縮も可能。施工コスト削減に大きく貢献します。

施工性

施工性

一日の打込み本数80本以上と、スクリュー式と比べ施工性に優れ、大幅な工期短縮ならびにコストの低減が可能です。メガソーラーの施工においては、その効果は大変顕著です。
通常の地盤から固い地盤、またアスファルトやテニスコート上など、様々な地盤へ打込み可能。現場条件を選ばず、余分な土木工事、廃棄物処理費が削減できます。
(現地試験が別途必要)
また、弊社が推奨するアルミ架台は軽量で作業効率をより高めるだけでなく、耐久性も抜群です。

機動性

機動性

バックホウの特性を生かし、傾斜地・不整地でもスムーズに施工可能。トラック式の杭打機では進入・施工が困難な場所でも問題ありません。現場環境を問わず実力を発揮します。
バックホウの侵入範囲なら傾斜地(傾斜角度15度程度まで)での地なり設置も可能。メガソーラーの可能性を広げる、これからの工法です。

採用実績

豊富な採用実績

導入事例はこちら

会社資料ダウンロード