当社では9月にスウェーデンの経済産業省や環境省から構成される視察団をお迎えいたしました。太陽電池モジュールのリユースに関する取り組みに関する情報収集が目的とのことで、駒ケ根本社の部門担当者がアテンドし、社内施設の見学やプレゼンテーションなど情報交換を行いました。

5名で来社された視察団は、リユースモジュールの検査で使用する検査機器・装置やリユースモジュールの発電所を利用して建設された発電所の見学を行いました。

「3R(=リデュース・リユース・リサイクル」」という概念は持ちつつも、スウェーデンでは太陽光発電市場自体が成熟していないこともあり、「リユースモジュール」は新しい考え方の一つと捉えられているとのことでした。

今回は当社独自の太陽電池モジュールの「リユース」に関する取り組みを、海外へ発信する大変貴重な機会となりました。今後も多くのお客様にご満足いただけるような、独自のサービス・商品開発に尽力して参ります。

 dscn1660%e5%b0%8f dscn1657%e5%b0%8f dscn1659%e5%b0%8f