メニュー

Achievement株式会社明治 九州工場様

屋根上設置

リユースモジュールを活用した自家消費型設備

明治グループでは2018年に「明治グループサステナビリティ2026ビジョン」を掲げており、年間CO2排出削減量約6,000トン(2019年度比)を目指し、発電規模約8.4メガワットの自家消費型太陽光発電の設置に向けて、取り組まれています。その目標に向けた活動のひとつとして、当社の自家消費型発電システムを採用いただきました。

※太陽光発電設備導入による年間CO2排出削減量

リユースモジュールを全体の約37%利用

通常モジュールに加え、屋根の耐荷重などを踏まえたうえで、屋根に負担をかけづらい軽量モジュール※を併用しています。また先方からのご要望により、リユースモジュールを全体の約37%使用しています。このリユースモジュールは佐賀県で排出され、大分県にてすべて検査を実施いたしました。そのため工場が位置する九州内ですべてが完結しており、輸送費などにかかるエネルギーも削減することに成功しています。
当社が創業以来長年培ってきたリユースモジュールに関する知見と、全国に広がるネットワークによ
って、この地域内でのエネルギーの地産地消を実現することができました。
※当社従来比約25%軽量化に成功し、屋根への負担を最小限に抑えます。

太陽電池モジュール仕様

型式 LW660M310PR
公称最大出力 310W
公称最大出力動作電圧 32.3V
公称最大出力動作電流 9.60A
公称開放電圧 40.1V
公称短絡電流 10.09A
質量 13.7kg
寸法 1640×992×25㎜
設置場所 屋根上
型式 SPP250smart
公称最大出力 250W
公称最大出力動作電圧 30.7V
公称最大出力動作電流 8.15A
公称開放電圧 37.5V
公称短絡電流 8.63A
質量 18.0kg
寸法 1650×992×45㎜
設置場所 屋根上
型式 NER672M380
公称最大出力 380W
公称最大出力動作電圧 39.1V
公称最大出力動作電流 9.72A
公称開放電圧 48.5V
公称短絡電流 10.22A
質量 23.0kg
寸法 1956×991×45㎜
設置場所 屋根上

お客さまからの評価

リユースモジュールの安全性について熱心にご提案を頂き、安心して導入することができました。リユースモジュールを有効活用したことは、今後、想定される太陽電池モジュールの廃棄問題に取り組み、弊社の環境理念をアピールできる良い事例となったと感じます。設置後1年ではありますが、予測より多く発電できており、十分な性能を発揮しています。
また、オフグリッドシステムの技術を応用した、芝刈ロボットの電源は、省人化と緑地管理のCO2ゼロを実現できました。

株式会社明治 九州工場
装置技術課付係長 山本 功人さま
※情報は2021年1月段階のものです。

Client Profile

株式会社明治 九州工場様
事業内容:食品メーカー
所在地:福岡県八女市鵜池広川林557-5
製造内容:市乳

設備容量:676.80kW(発電出力・モジュールベース:860.11kW)
工 期:2019年12月1日着工~2020年3月31日竣工

導入事例一覧に戻る