メニュー

Achievementショッピングセンター アリオ市原様

屋根上設置

商業施設としては国内最大級の自家消費型案件

株式会社イトーヨーカ堂をはじめとするセブン&アイグループでは、社会ニーズの変化や環境問題等、様々な社会環境の変化に対応するため、環境宣言「GREENCHALLENGE 2050」を2019年に定め、豊かで持続可能な社会の実現に取り組んでいます。
グループ会社となる株式会社イトーヨーカ堂でも、「GREENCHALLENGE 2050」に則り脱炭素社会を実現するため、店舗運営に伴うCO2排出量の実質ゼロ(2013年比)を2050年までの目標とする中で、今回の自家消費型太陽光発電設備の導入にいたりました。

※国内最大級:2020年6月段階

商業施設として国内最大級の規模

商業施設では国内最大級となる本設備は、株式会社ヴェリア・ラボラトリーズが元請業者となり、当社が自社製太陽電池モジュール380W6229枚を含めた部材の供給および施工を行い、2020年6月30日に竣工いたしました。

大型商業施設ならではの工夫

構造計算書をもとに、4棟ある店舗施設すべての構造確認を行い、設置の安全性を確認。その上で載せられない部分は特定して除外し、設置可能な部分すべてにモジュールの設置を行いました。施設稼働中の工事だったため、施設運営者・施設機械室・施設保安の関係各所と綿密に連携するとともに、週1回の工事定例会議を実施。お客さまと従業員さまの安全に最大限配慮しました。
また、サブ変電所4か所の盤改造は通常4回の停電工事が必要ですが、合計3回の停電に圧縮し、さらに停電時間を1回あたり約3時間の短時間で対応するなど、スムーズな施工を行いました。加えて、店舗外観の色合いを保持するために、施設の正面に位置するケーブルラックに塗装を行うなど、意匠にも配慮しています。

Client Profile

ショッピングセンター アリオ市原様
発注者:株式会社イトーヨーカ堂
部材供給・施工業者(下請):ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社
事業地:千葉県市原市更級4丁目3-2

設備容量:2367.02kW(PCS出力1755.70kW)
稼働開始日:2020年7月21日

導入事例一覧に戻る