INTERVIEW 06

社員インタビュー INTERVIEW 06

開発部

矢澤 瞬

2014年新卒入社
工学部卒

就職活動について 漠然とエネルギー分野に興味がありました

高校時代から漠然とエネルギー分野に興味がありました。大学では、専攻は機械ですがエネルギー関係の研究室に入り、熱エネルギーの研究をしました。そして、就職活動を行い始めてからは、これまた漠然とですがエネルギー分野で働きたいと会社を探していたらヒットしたのが当社でした。私は長野県出身ですが、地元に戻りたいと思って就職活動をしていたわけではありません(笑)。でも当社を見つけた時に、実家からとても近い場所に、自分のやりたいことができる会社があったので驚きました。

漠然とエネルギー分野に興味がありました

当時を振り返ると、今まで以上に当社にはベンチャーな雰囲気がありました。無謀に近いことを言いながら、とても勢いがあって夢がある感じだったことを覚えています。そんなチャレンジ精神ある当社で、私も自然エネルギーを広めていきたいという想いが、選考を重ねるごとに強くなり入社にいたります。決め手は最終面接合格の直後に駒ヶ根本社で行われた内定者懇親会での役員との会話でしたね。こんな熱い想いを持った人たちと働きたいと素直に思える会でした。同期のメンバーも、同じ夢を志す仲間が集まっていて、とても仲良しです。プライベートで出かけることも結構あります。焼肉を食べるために石川県に旅行に行ったこともあります。かけがえのない仲間だと思っています。

現在までのキャリア・やりがい 様々なことを経験させてもらっています

「ありがとう!」の言葉

私は入社して5年目になりますが、タイミング良く様々なことを経験させてもらっています。1年目は自社製架台「武蔵」の開発プロジェクトに参加させてもらいました。補助的な業務が中心でしたが、これから自分が売る製品を開発できると考えるだけでワクワクしていました。2年目は試験打ちにたくさん行きました。試験打ちは太陽光発電を建設する前の現場の地盤調査です。この地盤調査の結果によって工事の方法も変わってきます。大変だと思われる試験打ちですが、地質の違いで結果が変わるので、「今度はどんな結果が出るのだろう」と毎回楽しみでした。

3年目は千葉県の現場に1年弱入り、設計業務を行っていました。現場は東西南北に傾斜があり、今までに前例のない現場で大変でしたが、現場の社員が一丸となって乗り切り、チームとして成果を出せたことがとても嬉しかったです。仕事以外の部分では、長野県には海がない分、海に憧れもあったので、近くの海辺で趣味の時間を過ごすことで、プライベートの時間を充実させていました。4年目から現在は主に架台販売のための技術営業を行っています。JISの規格や都道府県ごとに異なる設計条件のチェック、図面の作成、お客様への提案まで一貫して行うため、技術的な側面からお客様に対して提案や対応ができるのが強みです。時には現場に足を運び、自分が設計し提案した図面から、どのように現場が進んでいるのか、職人の方たちが作業しやすくするためにはどうしたら良いかなどを確認しています。

今後のキャリア 太陽光発電のゼネラリスト

どちらかというと、論理的に物事を考える性格なので、足元を固める=サポートする側が向いていると思っています。人が話しやすい空気を作ることは得意ですが、人と話すことはあまり得意ではありません(笑)。将来的には、現場経験を生かして、技術的な太陽光発電のゼネラリストになることを目指しています。実際に現場に行き、目で見て、手や体を動かしてみないと学べないことがたくさんあることを実感しているので、まずは現場での経験を積むことが大事だと考えています。職人の方たちの作業の仕方や作業時間などを事前に理解できていれば、よりよい営業提案につながりますし、見積金額を見誤ることや、工期の遅れなどのリスクを低減することにもつながります。今後は、今までの土木的な知識と経験に加えて、電気的なことも学びながら日々精進していきたいと思っています。

陽光発電のゼネラリスト

募集職種 RECRUITMENT

  • 法人営業職

    法人営業職

    正社員

    太陽電池モジュールや架台等の当社製品を活用した法人向け提案営業をお任せいたします

    募集要項詳細へ

  • ITエンジニア職

    ITエンジニア職

    正社員

    太陽光発電設備に設置されているデータ収集装置のサーバー監視・運用・保守業務をお任せいたします

    募集要項詳細へ

  • 設計職

    設計職

    正社員

    当社で受注した太陽光発電設備建設案件の構造計算やシミュレーション等の設計業務をお任せいたします

    募集要項詳細へ

エントリー