「エネルギー管理」は経営管理。

企業が生産活動を行い商品やサービスを生み出すには、様々な経営資源(ヒト、モノ、カネ、情報)が必要であり、エネルギーもその経営資源の一つです。ネクストエナジーでは、「エネルギー管理は経営管理の一環である」と考え、最適な解決策をご提案、ご提供してまいります。

生産性向上脱炭素化

「自然エネルギーへの投資」という賢い選択

将来のコスト上昇をリスクヘッジ

無視できない再エネ賦課金の上昇

様々な社会的要因を背景に、上昇し続ける電力単価。今後も上昇傾向の電力単価への対応が必要です。

また、再生可能エネルギーの固定買取制度による再エネ賦課金は、今後も上昇していく見込みです。

安定的に安価な電力調達を実現

安定的に安価な電力調達を実現

可動部や燃焼部がなく、設備導入、運用が容易な太陽光発電システム。導入後は、制度変更や燃費変動が少なく長時間にわたり安定的に安価な電力を調達できます。

環境エネルギー、省エネ関連の機器導入を支援する国の制度も投資を後押ししています。

世界の潮流は今、脱炭素化へ

持続的な開発目標

企業が成長戦略を考えるうえで欠かせないキーワードとして「ESG(環境・社会・企業統治)投資」と「SGDs(持続可能な開発目標)」が急浮上しています。地球温暖化などの環境問題をはじめとした世界の課題を解決することが、企業にとってビジネスチャンスとなるからです。

特に気候変動は、直接的な経営リスクになるとの判断が主流になりつつあります。

2015年にパリ協定の採択後、世界の名だたる企業の多くは、「100%自然エネルギー」=RE100の導入へ乗り出しました。その背景にはESG投資の進展があります。今やESG投資額は、世界の運用資産の約3割(2017年度)、円換算(1ドル=113円)で約2,600兆円にまでのぼります。気候変動リスクはもはや持続可能な企業活動を妨げるリスクととらえられています。CO2ゼロを目指すなど十分な対応を行っていない場合、投資対象から外される可能性が高まっています。

世界におけるESG投資額の規模

攻めのエネルギー管理が企業競争力を高める。

太陽光発電を中心に、蓄電池やEMS監視設備の設計・施工など豊富な実績のあるネクストエナジーならではの合わせ技で、企業様の最適解を導き出します。

企業価値向上

エネルギー管理ソリューションの詳細はこちらをご覧ください